KIMINO RINKO OFFICIAL WEBSITE

BLOG

4.19. 2015 [ KIDS ]

もうすぐ5年

IMG_1302

一昨日は娘を迎えに、大学までフリーウェイを飛ばして、結局、帰りに寄り道をしたので、
この日は6時間のドライブでした。でも、久しぶりに会った娘が、助手席で楽しそうに大学
の話をしてくれたので眠くならなかった。
良かった、楽しそうで。

IMG_1308

夕飯を食べている時に、ふと娘が

『アメリカに連れて来てもらって良かったよ、ママ。外に出るって大事だね』と言いました。

渡米した頃は『好きでアメリカに来たわけじゃない』そう言ってた娘がです。
いつか、アメリカに来て良かったと思う日が来ると信じていましたが、この言葉が聞けて嬉しかったです。

そして、『ママ、もうすぐ5年だよ!』と。
すっかり忘れていましたが、5月1日で、渡米して5年になります。

私たち親子には、5年ってちょっと特別なんです(って、忘れてたけど)。
というのは、
渡米してすぐの頃、ある先生に

『アメリカに来ただけで英語ができるようになるわけじゃない。
相手が言っていることがわかって、自分の言いたいことが言えるようになるのに3年。学業として、
やっと読めて書けて少し議論できるレベルになるのに5年。そこでやっとスタート』

と言われたことが、
彼女がアメリカの大学に行くきっかけにもなっているんですが、その5年になるのです。

よく『アメリカに住んでるんだから、もうペラペラでしょ?』と聞く人いますが、ペラペラにも
いろんなレベルがあるんですね(笑)。

5年経った感想を聞くと、
『あの先生の言うとおりだったと思う。3年じゃ、ぜんぜんだったし。5年でやっとスタートだと思う』と。

IMG_1309

日本語が確立する中学生で渡米させて、高校は現地校に行って、大学では寮に入って、アメリカの大学
の環境にどっぷりつかってほしいというのが私の願いでした。
いろいろな考え方があると思うけれど、これは19歳で渡米した私の経験からの思いです。
たまたま中学生のタイミングで渡米できたので高校までは親の都合ですが、その後は本人が決めたこと。
これからも本人が決めていくでしょう。

私が伝えたいのは、好きなことをして生きてもいいんだ、ということと、自分が思っているより世界はずっと
広くて、たくさんの選択肢があるこということ。好きなことを見つけて、いつかたくさんの選択肢に出会った時、
その中から好きなモノを選べる自分であるために、今勉強するんだ…とだけは伝えてきました。

それ以外は、私にできることはあんまりないから。

IMG_1307

子どもは別人格。
生まれた時からそう思って育ててきました。

勉強ができたから、良い大学に行けたから、良い会社に就職したから…
幸せになるんじゃないし、その子の人生を代わりに生きてあげることはできないのです。
その子が自分で考えて、自分で選んで生きていくのを信じて見守る…難しいことだけど、
なるべく、そうありたいと思うのです。

どう選択しようと、私たち親にとっては、そのまんまで、生きて、そこにいてくれるだけで
100%、十分なのです。