KIMINO RINKO OFFICIAL WEBSITE

BLOG

1.5. 2015 [ LIFE ]

映画「るろうに剣心・伝説の最期編」

1_large
行きの飛行機で「るろうに剣心・京都大火編」を観て、続きがすごく気になっていた
「伝説の最期編」を帰りの飛行機で観れた。大満足。

きれいな藤原くんのもったいない使い方だけど、やっぱり舞台俳優、そのセリフまわしとか
藤原くんだから許せる…漫画の世界。また舞台を観たくなってしまった。
江口洋介さんの髪型が漫画チックで、それが似合っていたのよね。とっても良い斉藤一でした。
遠藤賢一さんは、さすが、ちょっと狂った役をやらせると天下一品。神木隆之介くんも最後ちょっと
狂ってたけど、その演技もなかなか。田中泯は…存在感がはんぱない、さすが。
意外に大久保利光の宮沢和史、伊藤博文の小澤征悦とか、ぴったり。
福山さんは苦手なのでコメントパス(笑)

1_large
本当に、佐藤くんの普通に見える着こなしが良かった。ドロドロになっても、かっこよかった。
最後に、いつもの赤い着物に着替えると…まさに剣心で、実写化にして成功したパターンだと
つくづく思いました。そこ、とっても大事。佐藤くん、ますます殺陣も素晴らしく、息を飲むほど見応えがあった。

しかし、最後の最後の佐藤くんのセリフ…いや~さんざん男くさい剣心を見せておいて、
最後の一言で、女子がばったばった倒れた音がしたよ、まったく。

キャスティングが素晴らしかったなぁ。でも、いくら実写版がキャラクターのイメージに合っていても、
その背景となる世界観に無理があるとダメだし(ルパン三世は、キャラクターよりも世界観、演出が残念だった…)、
2部、3部と行くとだんたんつまらなくなるものだけど、さすが大友監督。

佐藤くんの着物姿目当てで観はじめた映画ですが、3部作、とっても楽しませていただきました。
やっとレンタル開始みたいですよ。ぜひ。

主題歌は、もちろんONE OK ROCKです。