KIMINO RINKO OFFICIAL WEBSITE

BLOG

11.30. 2014 [ LIFE ]

「紫式部ダイアリー」

IMG_8837

歌舞伎を観はじめた2006年以前は、かなり舞台を観ていました。
野田MAPは夢の遊眠社の時代から観てるし、劇団新感線、大人計画、蜷川幸雄氏、
三谷幸喜氏などなど…観ていました。
まぁ、でも歌舞伎を観るのに忙しくても、野田さんだけは観てたかな。
もちろん、野田さん、三谷さん、串田さん、クドカンの歌舞伎は観てますけど。

アメリカに行って寂しいのが生の舞台が観られないこと。
もっとアメリカのお芝居を観るようにするといいんだけど…ね。

久しぶりの舞台。
次回の野田MAPは残念ながら来年の2月だか、3月なのであきらめて、今回はせっかくなので
三谷さんの「紫式部ダイアリー」を。
私は三谷さんはテレビが一番だと思うのです。TVドラマ「古畑任三郎」「王様のレストラン」
なんかは名作だと思うし。
舞台の中では、やっぱり「オケピ」や「バイマイセルフ」が好きかな。

IMG_8835
たまたまパルコ劇場にポスターが!

*****

「紫式部ダイアリー」
2014年11月 パルコ劇場
作・演出 三谷幸喜
出演  長澤まさみ  斉藤由貴

ご覧のとおり、2人芝居です。セリフなしのバーテンダーは出てきますが。
男性の2人芝居はありましたが、女性の2人芝居は初めてじゃないでしょうかね。
しかも、斉藤由貴は出ずっぱり。長澤まさみも2回ほど、1、2分引っ込むくらいで、やっぱり出ずっぱり。
1時間45分、ほとんど、しゃべりっぱなしです。

紫式部(長澤まさみ)と清少納言(斉藤由貴)が「現代」を舞台にバトルを繰り広げるというお話。
源氏物語を雑誌で連載中で、若くてキレイな人気絶頂の小説家・紫式部と、年齢を重ねて、大御所と
言われる存在になりつつも、ひところの勢いがなくなってきたエッセイスト・清少納言。現代で…という
ところで、かなり創造力をかき立てられるよね。

セットもミニマムで、バーカウンターのみ。
カウンターが回り舞台に載ってて、場面転換で客席に顔を見せたり、背中を見せる向きに変わる。
カウンターの位置が変わるごとに話題も変わるんだけど、1回だけカウンターを手前から奥に向けた
位置になった時が、一番の見せ場になってたかな。

斉藤由貴はさすがベテランで細かいところまで行き届いた演技だった。
長澤まさみの舞台は初めて見たのだけれど、確かにキレイだし、声もいいし、すごくがんばっていたと
思うけれど、まだまだこれから…という感じ。それが紫式部のセリフとだぶっていて、それはそれで
効果的だったかも。
現代っ子っぽい悪ぶれたセリフやヒステリックな演技も、どこか一本調子だったのが残念。
松たかこ、宮沢りえ、深津絵里が舞台に立つときのような、ふっきれた感じがまだまだだったかな。
でも、これからが楽しみかも。

まだ地方公演が残っているので、ネタバレしないでおくけれど、
さんざん言い合い、罵り合い、化かし合いを繰り返し、最後は互いに本音でわかりあえたかに見えた2人だけれど、
ラストは清少納言が紫式部の「紫式部ダイアリー」を盗み見して、一瞬、呆然とした顔をし、その後、高笑い
して幕切れ。

どんなことが書かれていたか説明はなしで、ご想像におまかせ…という風に観客にゆだねた…と思う方も多いだろうけど、
「紫式部ダイアリー」=「紫式部日記」なわけで、つまり、その「紫式部日記」で、どう清少納言のことが
書かれていたか…を知っている人は、「あ~あ~そっか~」となったんじゃないかと思います。

三谷さんらしくない終わり方な気がしたな。
最近はこういう感じなのかもしれないけれど。

小ネタが後々の伏線になってなかったり、
そもそも物書きの苦しみは、ご本人の心情の吐露なのかと思うと…笑いの小ネタも笑えなかったりして。

思わず、ぷぷぷっと笑ってしまう…小ネタが、後でもっと大きな普遍的なテーマにつながって、ドラマがふくらむ…という
いつもの三谷さんらしい本をこれからも書いてほしい!

11.27. 2014 [ WORK ]

素材探し

IMG_8791

IMG_8819

リボン、ボタン、生地…探している時は本当に楽しい。

だから、商品開発のお仕事は楽しいのです。

11.26. 2014 [ LIFE ]

弁慶役者

IMG_8775

今月は、とにかく弁慶役者の誕生が嬉しかったし、アメリカから帰ってこれて良かった。
とりあえず、初弁慶記念ということで、生写真が出ていたのでゲット。
六法のところの写真を選んでみた。

IMG_8773

最後の引っ込み、大きく息をして、遠く天を仰ぎながら、なんとも言えない表情をする。
義経を守れた安堵感、守ってくれた神様への感謝、それと同時に最後の引っ込みへの気合い、
今日も最後まで演じることができること、弁慶を演じられることへの感謝…客席もそんないろいろを
感じながら見守るこの瞬間。初日も楽日も多くの人が涙していました。

芝居の神様は、この瞬間のために昨年の大きな事故からも命を守ってくれたのではないか…あの時、
後遺症が残るような大けがでなくて良かった…多くのファンはそう思ったのではないかと思うのです。

それほど美しく、立派で、声もしっかり出ていて、全身全霊の弁慶だったと思います。
特に、あんなにしなやかで踊りのうまい弁慶は観たことがなかったです…私は。

そして、非常に義経が引き立つ『勧進帳』で、主役は…義経なんだ、と思わせてくれました。
とかく富樫と弁慶の対決が目立つ演目ですが、常に義経を思う気持ちが感じられました。

あぁ、これから今の幸四郎さんの年齢まで30年。
何回、弁慶を観られるかわからないけれど、楽しみです。
そして今回は3世代共演で、金太郎君が太刀持ちでじっと座って、お父さん、おじいちゃんの姿を見ていました。
何を思いながら見ていたのかな…いつか金太郎君が弁慶をやる時が来るんだろうな…と思うと、さらに楽しみです。
お父さんに似て、きっと美しい弁慶なんだろうな。

IMG_8776

手ぬぐいは歌舞伎座限定「鳥獣歌舞伎・勧進帳」。

IMG_8777

久しぶりに3階の紅白餅入りの「めでたい焼き」も食べた♪

夜は、大好きな編集者さんとご飯食べて、歌舞伎話で盛り上がり、いろいろな企画の話もできて楽しかった。

 

あ、歌舞伎ばっかり観てるわけではないです(笑)。
今回、滞在を延ばしたことで連絡くださる方もあって、「そうかーこの方にお会いすることになってたのかなー」とか、
「そうかーこういうことを考えるためだったのかー」とか考えさせられることもあって、なかなか味わい深い日々です。感謝。
こんなに長く滞在するのはなかなかないので、いろんなことをインプットしたいと思います。

11.23. 2014 [ LIFE ]

1ヶ月やること

IMG_6554
ワンコが恋しくなってきました。元気かな。

滞在1ヶ月あるので、できること、行けるとこ、読みたいモノ、観たいモノ、
出てみたいイベント…いろいろメモ。

ティムバートン展
るろうに剣心 伝説の最期編
紫式部ダイアリー
日本国宝展
6次元
蔦屋 代官山
la kagu
シブヤ大学
青山ABCブックセンター
D Lounge
ハタヨガ
タッセル講座
「聖なる国、日本」
「ヒップな生活革命」
「世界最強の商人」
「宇野亞喜良クロニクル」

アメリカでずっと観てたテレビドラマを、Huluで字幕付きシーズン1から観直す。ちゃんと理解できてたかな。
まだまだ、おもしろいの探してみる。

あー着物関係がゼロだね…ハハハ。

11.21. 2014 [ LIFE ]

カフェ三昧

IMG_8750

東京はいたるところに喫茶店があっていいね。

一人で本読んだり、アイデア出ししたり、ぼんやりしたり…できて。ネットはつながらないけど。

で、日本は今日から三連休なんだって。

もう曜日感覚とか、日にち感覚は麻痺してる。。

11.20. 2014 [ WORK ]

「ビジネスマンへの歌舞伎案内」成毛眞著

IMG_8730

なんと、成毛眞さんの新刊「ビジネスマンへの歌舞伎案内」の巻末付録
「より深く歌舞伎を味わうためのブックガイド」の15冊の中に、わたしの
『歌舞伎のかわいい衣裳図鑑』『歌舞伎のびっくり満喫図鑑』(小学館)2冊をご紹介いただいています。
嬉しい。ちなみに『染五郎の超訳的歌舞伎』(小学館)も選ばれています。

帯の言葉「40歳を過ぎて知らないのは損である」は、激しく同感です。

IMG_8731

30代から歌舞伎は観た方がいい。
自分の成長を確認できる演劇は、歌舞伎しかない。
洗練された振る舞い、会話を楽しむ能力を早いうちから身につけておきたい…

と、そうそう!と思うことがたくさん。
でも入門書なので、演目解説などもきっちりされています。

なかなか、ビジネスマンが行ける時間に歌舞伎ってやってないのが問題ではありますが、
それでもスマートに歌舞伎を楽しむビジネスマンはかっこいいです。