KIMINO RINKO OFFICIAL WEBSITE

BLOG

8.29. 2016 [ WORK ]

おだしとオリーブオイル

IMG_6962
座ふとんの売れ行きチェックもかねて、昨日は GOLDAのTea & Odashiのテイスティングイベントにおじゃましてきました

IMG_6966

お茶は美味しいの知ってたけど、おだしは初めて。
おだしのおむすびが美味しかった〜。
IMG_6964

イタリアの小さな農家がハンドピックで作っているオリーブオイルもおいしかった!
丁寧に作っているものは違う。
IMG_6989

8.29. 2016 [ WORK ]

和菓子BARから/彩雲堂

彩雲堂/柚衣

http://www.saiundo.co.jp
ゆずの苦味とあんこの甘さが大人気でした。

21彩雲堂・柚衣

蜜漬けにした天然の柚子の中に、柔らかく煮た大納言小豆を詰めた「柚衣」。
柚子の酸味と蜜の甘さが絶妙なバランスで、日本茶によく合う逸品です。
水の都として知られる松江は、茶処、菓子処としても有名で、散策すればいくつもの和菓子店を見かけることができます。その美しい和菓子は、決してよそゆきのものではなく、日々の暮らしの中で楽しまれています。ゆっくりとお茶をする、そんな時間が大切にされている松江。創業140年あまりの彩雲堂は、地元でも愛される存在です。

<感想>
*苦味があって皮のしっとり感が好き!
*ゆずの香りがとてもおいしいー。甘さ控えめも良かったです。
*ゆずの苦味と中の甘みのハーモニーが絶品!
*ゆずの香りが素晴らしい!おいしいです!
*ゆずの風味がさわやか、ゆずのデザートみたいです!
*おいしい!!
*ゆずとあんこの味が合っていました!
*あんこの甘さとゆずの皮の苦味の組み合わせが絶妙。
*ゆずの香りが豊かでおいしかったです。
*ゆずの皮が噛みごたえもあって美味。
*ゆずの香りが程よく、さわやか!
*さわやかでおいしかったです。
*ゆずの香りがぜいたく。
*ゆずまるごと。さわやかだけど、ちょっと苦い。
*ゆずまるごとが珍しい。
*ゆずの香りが広がります。とてもさっぱりしています。
*ゆずの風味がほどよく、とても香り高くておいしかったです。
*とっても素敵。おいしかった!

和菓子BARでご紹介した和菓子は、こちらに掲載されています。

8.29. 2016 [ WORK ]

和菓子BARから/平治煎餅

平治煎餅本店/平治煎餅

http://www.heijisenbei.com/

こちらも私の故郷、三重県のおせんべいです。
名入れせんべいや、「ありがとう」「おめでとう」「お世話になりました」「心ばかり」「お疲れさま」などメッセージおせんべいもあります。

20平治煎餅

平治煎餅本店の創業の地、三重県津市に伝わる孝子平治伝説。
ここに登場する母親思いの平治から名前を取り、平治の忘れ笠をイメージして作られた銘菓「平治煎餅」。
あっさりとした卵煎餅で、幅広い世代の方に愛されているこの煎餅は、創業以来、砂糖・小麦粉・卵の
三種類の材料で作られています。

「ありがとう」や「心ばかり」、「お世話になりました」などのメッセージが入った煎餅は、ご挨拶のシーズンにも喜ばれます。絵や文字を注文に応じて入れることもでき、大正2年創業の、老舗の心意気を感じます。

<感想>
*デザインが素敵。美味。
*笠のような形が可愛らしかった。シンプルな甘さが良かった。
*パリパリと素朴な味でおいしかったです!
*堅さもほどよく、飽きのこない味。

和菓子BARでご紹介した和菓子は、こちらに掲載されています。

8.24. 2016 [ LIFE ]

日本土産

IMG_6944

日本から戻ってきた娘が、お土産にもふもふマリアさんそっくりTシャツを買ってきてくれました。
まだもふもふMAXじゃないけど、似てる・・。

娘は1週間でイタリアへ。。

8.23. 2016 [ WORK ]

和菓子BARから/麻布かりんと

麻布かりんと/かりんとぱれっと

http://www.azabukarinto.com/
かりんとと言っても、たくさんの種類があって、それが一同に楽しめるのが魅力。

19麻布かりんと・かりんとパレット

300年以上の歴史がある商店街と、江戸時代の外国人居住に始まる国際的な香りが感じられる麻布十番に、昔懐かしいかりんとうのお店があります。街の空気を隠し味に、50種類もの味のかりんとうが楽しめ、それぞれの味わいや情緒が広がります。

昔ながらのかりんとうから「メープルシュガーかりんと」「カレーかりんと」など、新しい感覚のかりんとうまで幅広い品揃えも人気の理由です。種々のかりんとうがパレットのように並ぶ「かりんとぱれっと」も、注目のひと品です。

<感想>
*懐かしい味。
*いろんな種類で、見た目も楽しい。
*名前がおしゃれ。
*いろいろ食べられて楽しくて、美味しい!

和菓子BARでご紹介した和菓子は、こちらに掲載されています。

8.23. 2016 [ WORK ]

和菓子BARから/富久屋

富久屋/けせん団子

http://fukuya.ocnk.net/

18富久屋・けせん団子

創業150年あまりの富久屋の看板商品は「軽羹」と、鹿児島の郷土菓子「けせん団子」。「けせん」というのは鹿児島の方言でシナモン(肉桂)のことです。広い台地に葉を伸ばす、無農薬のシナモンの葉を摘むところから、このお菓子作りは始まります。摘んだ葉っぱを一枚ずつ、虫食いがないか、団子が包める大きさかと選別していくと、使える葉は一割ほどしかないのだそう。丁寧に作られた、よもぎを練りこんだ団子に、このシナモンの香りが相まって、えも言われぬ美味しさです。

<感想>
*不思議な食感でした。とても美味しい!
*あっさり素朴な味で美味しい。葉の香り、なのか、とても風味が良かったです。
*甘すぎず、爽やかで美味しかったです。
*もちもちだけど、口の中でしつこくなかった。
*予想外なお味。
*シナモン風味のあんと食感が最高。
*よもぎの味がとても濃く、葉はシナモンと聞いて驚きました。
*シナモンがたっぷりで美味しい。
*すごく美味しいけど、ちょっと食べにくいかな。
*シナモンの香りがふわっと!
*不思議な食感と美味しさから病みつきに。
*素朴な味が好きです。

和菓子BARでご紹介した和菓子は、こちらに掲載されています。