KIMINO RINKO OFFICIAL WEBSITE

BLOG

6.27. 2018 [ LIFE ]

ヨーロッパ旅行ーロンドン①宿泊編

意外にも、初めてのロンドンです。
IMG_2664

パリもロンドンもやたらとホテルが高い。

・・ということで、ロンドンもAirbnb.

今回のロンドンへの目的は、Daiwa Anglo-Japanese Foundationでのレクチャー。このレクチャーに集中したいので、初めてのロンドンで、あまり移動に神経を使いたくない・・ということで、

ポイントは、まず場所は会場から近いこと。
パリ同様、暮らすようにリラックスして滞在したい。 この2つ。

そして、見つけたのがこちら。
思った以上に素敵なアパルトマンで驚いたんだけど(笑)
IMG_2639

IMG_2640

この窓から緑が見える・・・が最大のポイントでした。

IMG_2641

きれいに見えますが、ヨーロッパですから、建物自体はかなり古いです。でも、本当に綺麗に使っていて、女子が喜びそうなインテリアやDecoでした。

しかし・・いきなり、トイレが流れない(笑)ありがち、ありがち。

すぐにオーナーに連絡して、「あの・・・すっぽんするヤツ持ってきて!」と頼む。

でも、「あのすっぽんってするヤツ」って英語で何て言うんだっけ?としばし、思い出せず(笑)

そう、「Rubber Cup」ですよ。勉強になりますね。

そうして、その「あのすっぽんってするヤツ」を持って現れたのが、若いムッチョなイケメンお兄さん。このお兄さんが・・・このインテリアを?とイメージが全然違う(笑)

約30分ほど、トイレに「あのすっぽんってするヤツ」で格闘してくれて、直してくれました。いい人だ。

「とても素敵なフラットだね」と言うと、嬉しいそうな笑顔。

Airbnbはオーナーとのやりとりが必須なので、面倒と言えば面倒。ホテルの方がなんでもやってくれるから簡単だとは思うけど、私はあまり観光にも興味なく、その土地で暮らしている人の日常を体験したい・・というのが優先なので、ここは大正解。

窓を開けると、本当に気持ちいい風が入っていて、ふわっとリラックス。

IMG_2647

最高でした。

6.27. 2018 [ LIFE ]

ヨーロッパ旅行ー移動編①Eurostar

IMG_2632

パリ→ロンドン
2時間26分の電車ひとり旅。
Paris Gare du Nord駅でフランス出国とイギリス入国を済ませるので、飛行機並に2時間前にチェックイン。

イギリス入国が厳しくて、すごく時間がかかる・・と言われて早めに行ったけど、案外すんなり。待合ロビーは同じ電車に乗る人がたくさんいるから乗り遅れるってことはないから、ちょっと安心。

IMG_2634

EurostarのStandard Premirは、お食事付き。

新幹線のグリーン席より快適かも。ご飯もちゃんと暖かいし。

IMG_2631

IMG_2635

でも、2時間なんてあっという間でした。

ヨーロッパ内は飛行機の方が安かったりもするけど、電車旅は楽しい。

6.22. 2018 [ LIFE ]

ヨーロッパ旅行2018ーパリ編②オペラ座

ロンドン前でレクチャーの事で頭いっぱいでソワソワしてましたが、今回の旅のお楽しみの一つ。

昨年はプラハで着物でオペラに行きましたが、今年は一度は行っておきたいパリのオペラ座(Palace Garnier)。

IMG_2624

大階段のあるエントランスは、繊細な彫刻や天井のフレスコ画など見所がたくさん!「オペラ座の怪人」を思い出します。

IMG_2721

キラッキラッ度合いも違いました。ため息の出る美しさ。

グラン・フォワイエ(大ロビー)は、高さ18m、長さ58m、幅13m。ここはベルサイユ宮殿か!?という眩さ!
IMG_2615

満席!実は私たち3人が最後の3枚だったという!ギリギリセーフでチケット確保。

IMG_2609

「夢の花束」と言われる有名なシャガールの天井画。
IMG_2622

勝沼先生とマリちゃんのガツン系振袖の美しいお二人の横で、かなり地味な感じしますが(笑)、私は単衣の訪問着でした。

IMG_2707

「I love your attair」「Beautifulとたくさんの方に声をかけていただいて、こういう場所でも着物を着ることで気後れすることなく堂々としていられるので、やっぱり海外で着物はおススメです。

IMG_2832

いつも空いているわけではありませんが、この日はオペラ座のバルコニーがオープンになっていて、この景色!オペラ座広場や正面に伸びるオペラ大通りが見渡せます。正面奥はルーブル美術館。

IMG_2613
オペラは、「DON PASQUALE」の舞台を現代にしたもの。コメディで楽しいものでした。
今まで観たオペラの中で1番、アジア系、アフリカ系など多人種が出ていた気がして、とても印象的でした。
私のブース席には、ワシントンDCから年に1度はヨーロッパでオペラを観るというおじさんと、パリの常連客のおばさんと一緒でした。おじさん曰く、やっぱり、レベル的にも、会場の格や雰囲気的にも、パリオペラ座はヨーロッパ一だと吠えてました(笑)

IMG_2607

でも、私は来年はイタリアのVeniceかRomeでオペラ行きたいな。

6.21. 2018 [ LIFE ]

ヨーロッパ旅行2018ーパリ編①宿泊

なんとか12日の朝、パリに到着。
世界中どこに言ってもUberは使えるから便利。

今回はホテルではなくAirbnbで小さいStudioのアパルトマンに宿泊。
IMG_2567 IMG_2569

いつもパリのホテルは高いので、Airbnbでお得でゆっくりできるところを探しまくる(笑)

今回のポイントは、オペラ座周辺、そして「暮らすように過ごす」。

そして今回の決め手は、この景色。部屋から、この街並を見たい!と決めました。

IMG_2588

ワンブロックでオペラ座の見える通りに出られて、メトロの駅もワンブロックでアクセスも抜群。近くにカフェもたくさんあって、まさに暮らすように過ごすにぴったりの場所でした。

 

6.21. 2018 [ LIFE ]

ヨーロッパ旅行2018ーパリにたどり着く前(いきなり番外編)

今年もヨーロッパ旅行2018、10日間の旅の最初はパリ。
昨年も最初がパリでしたが、なんと、昨年はたった1日(笑)。
パリに行ったと言っていいのか?レベルでしたが、今年は3日間。

ロサンゼルスからフランクフルト経由でパリ行きです。
IMG_2554

し・か・し、フランクフルトに到着すると、乗り継ぎ便のパリ行きがキャンセル!
思わぬことが起こるのも旅の醍醐味。びっくりしませんでしたが、今日中にパリに行けるかどうか・・

聞くとヨーロッパ中が悪天候のため、交通機関乱れまくりな上に、Air Franceの1日ストライキの影響でキャンセルだとか。すでにフライト変更のために気が遠くなるような長蛇の列。だからと言って、ルフトハンザもエアフランスもサービスデスク以外はまったく係員おらず、並ぶしかない。
とはいえ、最近はすべてオンラインで済ませることができる便利な世の中。勝手に夜の便に振替ましたとメールが。し・か・し、しばらくするとまた、夜の便もキャンセル!
結局、翌朝早くの便に振り返られてしまった。

ということで、ホテルのVoucherもらわないことには・・なので、結局、長蛇の列に並び、ルフトハンザが用意してくれた空港のシェラトンにお泊まり決定。ディナーも朝食も付いて、一泊できるということで、ゆっくり休むことにしたのでした。

ヨーロッパでは天候不良もストもよくあること。とはいえ、疲れるので次回からやっぱり直行便にしよう(笑)

6.8. 2018 [ LIFE ]

ロンドン初レクチャー

スクリーンショット 2018-05-21 21.16.12

なんと・・来週のロンドンでのレクチャー。
たくさんのお申し込みがあって、私の予想をはるかに、はるかに超えてしまいました。
今から緊張しています。

Title: “24 Seasons Calendar”: An ancient Japanese way of harmonising with seasonal changes”
Date: June 15,2018
6:00 – 7:00pm lecture
7:00 – 8:00pm Drink reception
Place: 13/14 Cornwall Terrace, Outer Circle (entrance facing Regent’s Park), London NW1 4QP
Organised by the Daiwa Anglo-Japanese Foundation

お申し込みはこちらへ⇨★★

パリ、ロンドン、ブリュッセル、ウィーンを旅しますが、ホッとして楽しめるのはロンドン後半から・・ですね。