KIMINO RINKO OFFICIAL WEBSITE

BLOG

12.31. 2019 [ WORK ]

2019年振り返り

あっという間に終わってしまった2019年。
早すぎて今年の出来事がパッと思い出せなくて、メモのつもりで振り返ってみようと思います。

竹の茶室 帰庵@Manhattan Beach

ロサンゼルスで、竹の茶室 帰庵を京都から迎えてギャラリーとビーチでの茶会ワークショップのお手伝いをしました。特にビーチでの帰庵は、波の音、潮風の香り、鳥の声、刻々と色を変える空、その中でいただくお茶。自然の中に溶け込んでしまう感覚。本当に美しかったです。

新・日本の美意識@阪急百貨店うめだ本店

着物で歌舞伎の楽しみ方(レクチャー)
歌舞伎のいろは(トークショー)
今どき、手ぬぐい活用法(ワークショップ)
をやらせていただきました。

期間中、読売新聞の私の連載の読者の方、掲載した企業の方も来てくださったり。なかなか読者の方と直接お話する機会がないので、とても嬉しかったです。参加者の方が「君野さんの本を読んで、こんな着物って楽しいんだ。こういう風に楽しんでいいんだ!と、着物を着るようになりました」と言ってくださいました。「着物の着方や技術的なことではなく、着物を着ることで、その先に広がる楽しい世界を知ってもらいたい」それが私が最初に本を作りたいと思った理由でした。その気持ちがこうして伝わっていたんだな…と、とても嬉しい気持ちになったことを思い出します。

つまみ細工ワークショップ@ハンズEXPOカフェ

京都からSaryuさんをお呼びして、銀座のハンズExpoカフェでつまみ細工を作るワークショップを企画、プロデュースしました。難しそうで、意外に参加者のみなさんが上手で、素敵なつまみ細工ができました。
この日はすでに外では散ってしまった桜が、カフェの真ん中に大きな桜の木がいけられていて、日本の春を感じました。
ハンズExpoカフェさんでは、今まで何度もワークショップや、出版記念イベントをやらせていただいたりした思い出深い場所なのですが、もうすぐリニューアルのため閉店になるそうです。銀座では穴場的なカフェだと思うのですが、とっても残念です。

公開商品企画会議のその後 Mission Vol.2 
試作和菓子を味わい、茶香服を遊びたおせ@京都・塩芳軒

第2回目となった、京都の老舗和菓子屋、塩芳軒さんの商品開発企画のファシリテーターをやらせていただきました。夏越の祓だったので、みんなで水無月をいただいて厄落とし、茶香服で真剣勝負、最後は丹山酒造さんの日本酒と塩芳軒さんのスペシャルな和菓子3種をいただいて、とっても濃いぃ3時間でした。これは第3回を開催して、日本酒に合う和菓子を発売までこぎつけたいです。

2冊の新刊の出版

「歌舞伎のはじめて案内手帖」(二見書房)
「日英対訳 日本人の暮らしを彩る和雑貨」(IBCパブリッシング)

2冊ほぼ同時に出版しました。
まさかの同時進行だったので、今年は1、2月に取材や撮影、7−9月は必死に原稿を書いていました。この2冊に力を尽くした2019年でした。

結構、きつかったけど、頑張った自分にご褒美・・ってことで、秋には一人旅に出ました。ヴィネチア、フィレンツェ、サントリーニ島(ギリシャ)、ロンドンへひとり旅に出ました。この旅行記はあらためて。

その他のお仕事

表立って営業したり募集したりしていないので特筆しませんが、
個人のパーソナルブランディングのコンサル
海外向けに企業のコンサル
も続けております。

読売新聞、夕刊の連載「ごほうび」も、今年で10年になりました。

今年も3ヶ月に1回のペースで、計4回くらいのペースで帰国しました。
母が年老いてきて、海外で生活している身としては、仕事のあり方を考えさせられる1年でした。どういうバランスでやっていけばいいのか、まだはっきり「こうしよう!」と答えは出ないけれど、フリーランスは50代になると、みんな一度立ち止まって考えるらしいので、もう少し悩んでみようと思います!

ということで、2019年も明日で終わり。
今年もたいへんお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします!

12.1. 2019 [ WORK ]

新刊2冊発売中!

「日英対訳 日本人の暮らしを彩る 和雑貨」発売中!
http://amzn.to/30cOm91

発売となりました。
美しい日本の伝統工芸品をパラパラ眺めるだけで、ちょっと幸せな気持ちになります。あらためて、日本の職人さんっていいなぁと思います。

このデザインは、今まで出してきた本の中で一番シンプルに撮り、レイアウトしてもらいました。そう・・実はシンプルな感じ大好きなんですよ。モリモリでもシンプル、そういう意味で、この本好きです。

日英対訳になっているので、海外へのお土産や外国人にちょっと日本文化を紹介したい時にも便利です。

「歌舞伎はじめて案内手帖」本日発売しました!
http://amzn.to/2z3DfTN

もともと「新書」企画で出したものだったのですが、結局、いつものごとく盛りだくさん企画となり、全国の劇場のお弁当、甘味、お土産物、Twitterでも情報いただきました劇場周辺のカフェ情報など、当初思っていたよりずっと濃いものになりました。お芝居だけじゃない俯瞰で見た「歌舞伎見物」の楽しさみたいなものが伝わるといいな、と思っています。
制作中、たくさん応援してくださった方々からメッセージをいただきまして、できる人というのは、何も言わずとも、さりげなく気遣ってくださってくれるんだなぁと、ウルウルしてしまいました。

どうぞ、2冊とも、よろしくご贔屓にお願いいたします。
Amazonでご購入いただくのも嬉しいですし、地元の書店で見つけていただけると(または取り寄せていただくと)、書店さんへの応援になります。よろしくお願いいたします。

12.1. 2019 [ WORK ]

ちょっとした…

この本には、幸四郎さんが前書きのような「ちょっとした・・・。」という文章を書いてくださっています。タイトルも素敵。
これは読者のみなさんに向けて書かれたものなんですが(書かれていることはいつもまったくブレない内容)、この素晴らしいバランス感覚、温かさ、歌舞伎愛にホロっとしてしまいました。
これ・・わかっていただける人いるかな・・。
本当に宝物です。感謝です。

8.29. 2019 [ NEWS ]

手ぬぐい活用法

某クレジットカードの会員誌の「手ぬぐい活用法」の監修をさせていただきました。

企画のアドバイス、撮影の立会いなども含めて監修させていただいたのですが、担当者が、なんと娘と同じ年で…「そうか、そういうことか」と、私的には結構、ショックを受けたお仕事でした笑

誌面は、とても華やかで、盛りだくさんで手ぬぐいの楽しさが伝わっていると思います。

もし、この会員誌のクレジットカードをお持ちの方は、ぜひご覧ください。

8.24. 2019 [ NEWS ]

新刊発売のお知らせ②

お知らせをもう一つ。
もう一冊、9/10に「歌舞伎はじめて案内手帖」が発売になります。

「歌舞伎はじめて案内手帖」は、歌舞伎の本としては4冊目。この4冊目もお忙しい舞台の合間をぬって、十代目松本幸四郎さんが監修してくださいました。

https://amzn.to/2HJ6Vun

はじめての方にこそ

やってみたら何てことない事も
経験のないことに足を踏みいれるのは勇気がいるもの。

この本は、歌舞伎に興味を持ったら、とりあえず一番最初に手に取ってもらえる本にしたいと作りました。難しいことは抜きにして、なんとなく敷居が高くて不安という方にチケットの取り方からマナー、劇場ではやることたくさんあるので、時間を有効活用するタイムスケジュールから、全国の劇場の甘味やお弁当やお土産モノまで網羅しています。こっそり幸四郎さんオススメレストランも。

位置づけとしては、今まで作った3冊がちょっと難しいと感じる人に、この3冊よりも前に読んでいただくイメージです。「なかなか踏み込めない」世界の楽しさを紐解いて、あなたの背中をそっと押す本になっていることを願います。そして、飛び込んだ世界は、きっと日々を豊かにしてくれると思います。

この本については、またいろいろ書きたいことがありますが、幸四郎さん、松竹さん、各劇場のみなさん、編集さん、カメラマンさん、デザイナーさんにたくさん力をいただきました。また、いろんな意味で、この本は前の3冊がなかったら作ることができなかった本なので、前の3冊の編集さんにも本当に感謝です。

しかし・・2冊同時進行で作っていたので、終わったら放心状態です(笑)。

8.24. 2019 [ NEWS ]

新刊発売のお知らせ①

「日本人の暮らしを彩る 和雑貨(Japanese Sense of Lifestyle WAZAKKA)」が8月27日発売!Amazonでの予約スタートしました。

この本は、私が愛する75の日本の美しい伝統工芸品を英語と日本語で紹介しているバイリンガル本です。今までいろいろなところで和雑貨を紹介してきましたが、それを1年がかりでまとめた集大成的な1冊です。

たくさんのショップさんにご協力いただきました。感謝です。

日本人のみならず、海外在住のみなさんにも、海外へのお土産にも、日本の美しい伝統工芸の世界をぜひ!