KIMINO RINKO OFFICIAL WEBSITE

BLOG

12.17. 2015 [ LIFE ]

お土産①マルタ

ほとんど物欲がないので、旅行に行ってもあまり買い物はしないんだけど、マルタで買ったもの。
マルタガラスのアクセサリーを置くプレート。

IMG_4423

ハートのガラスは帯留にしようって思って。
IMG_4427

12.15. 2015 [ LIFE ]

Orvieto

IMG_4122

本当はマルタではなく、フィレンツェからシエナとオルヴィエートに
1泊ずつしようと思っていたんですが、結局、マルタに行くことにしたので、
電車で半日オルヴィエートへ。フィレンツェから電車で2時間くらいかな。

IMG_4079
イタリアの電車は発車するホームがぎりぎりになって変更することもあるから、
注意深く電光掲示板をチェックしなくてはいけないので、イタリア語表記だし必死(笑)。

IMG_4080
新幹線的なのじゃなくて、普通の特急電車みたいなのしかないから、安全も考えて一等席にしてみた。
初めて電車に乗ったんだけど、券売機に英語表示がなかったら、やっぱり難しかったかも。

隣に座っていたカップルが途中でランチをし始めたんだけど、女性の方はワインボトルをそのままラッパ飲み!!
やっぱりワインは水だと思っているに違いないっ。

この日は寒くて、電車に乗っても寒い。。
まわりもコートを着たまま座っているし、イタリアの電車は一等でも暖房がきかないのか…と思っていたら、
あと30分ほどで着く…という時に検札に来た人が、
「この車両、暖房壊れてるからとなりの車両に行ったほうがいいよ、となりは2等だけどね」って。

ショック…せっかく一等買ったのに、寒くて2等に移動。。

IMG_4082
そして、Orvietoに到着。とっても小さい駅です。

ヨーロッパでは世界でも有数の美しい町として有名で、『世界一美しい丘上都市』と呼ばれています。
丘の上にある街なので、街にはケーブルカーに乗っていきます。

小さいな街にびっくりするような立派なドゥオモがあります。
IMG_4083

中も荘厳な雰囲気で、とにかく大きい。
IMG_4085

とても静かで、中世の面影がよく残った、石造りの迷路みたいな街です。
オフシーズンで人も少なく、静かで、何だかタイムスリップしたかのような感覚になります。

IMG_4097

IMG_4126

小さい街なので散歩していると、すぐ街の端まで行けてしまうのですが、景色が開けて、
そこからの眺めも美しく、トスカーナの自然がいっぱい。
夏はぶどう畑やオリーブ畑とか、もっときれいだろうな。

とか思って写真撮ってたら、後ろから声かけられた…猫に。

IMG_4416

案の定、道に迷いました。
でも、こんな可愛い陶器屋さんに出会いました。
IMG_4101

そして、
道に迷ったところでこそ、ランチを食べようとレストランに入ったら、ほぼ貸切でした(笑)。
IMG_4130

 

 

12.10. 2015 [ LIFE ]

Ryan Air

ルフトハンザで、アメリカからフィレンツェ⇒マルタまで買うと、とんでもない金額になったので、
イタリアからマルタへは、ヨーロッパのローカルなRyan airを自力で予約したんだけど、いわゆる
アメリカでいうSpirit airlineみたいな格安航空会社。
ryanair-aircraft-(12)
Spirit airも安くて、オンラインチェックインしないと課金、機内持込手荷物一個ずつ課金とか、
指定席は課金、かなり面倒だけど、Ryan airも同じ。でも、本当に安かった。
2日間だったからチェックインする荷物もなかったので、行きが$55、帰りが$65。
ただ、フィレンツェから飛んでなくて、行きはPisaから、帰りはBolognaと移動が必要だったけど。
EU圏内の人じゃないとモバイルボーディングパスが出ないようになっていて、オンラインチェックインして
印刷したボーディングパスを持ってこないとダメで、空港で印刷すると課金…とか言われるので、
旅行者はホテルで印刷できなかったらどうするの?と、やりとりしたけどダメで、結局、面倒だけど
ホテルのPCでオンラインチェックインして印刷。
Spiritもどうしても仕方ない時しか乗らないけど、結局、安さを取るか、時間を取るか…ということね。
このRyan air、着陸する時にファンファーレが鳴ると噂に聞いてたんですが、ホントに「パンパカパーン」
と鳴って、乗客がいっせいに大歓声!イエェーイ!と大騒ぎ。お約束のようです(笑)。
マルタ⇒ボローニャの飛行機は、思わず笑ってしまうくらい、CAが全員20代の若いイケメンイタリア男子。
通常、誰も見てないであろう離陸前のCAの非常時の安全説明も…つい見てしまう(笑)。ゴミ集めに来る時も、
クリスマスソングを歌いながらという自由さ。最後も爽やかな笑顔と愛嬌でお見送り。
おもしろかったので、今回は良しとしよう。
このRyanAirはいつかアメリカにも乗り入れると言われながら、結局来ず、米ドル決済のサイトができた…と
噂もあるのに、ヨーロッパのサイトを見ると、各国あるのに、アメリカのページはない。
で、ものすごく探して見つけたアメリカサイト。
なぜか独立サイトになっている理由はわからず。
http://legacy.ryanair.com/
日本からもアメリカサイトか買って安い場合もあると思うし、アメリカからヨーロッパ行く方も現地で電車か
RyanAirか…みたいな選択できると思います。
参考までに。

12.10. 2015 [ LIFE ]

フィレンツェの老舗カフェ

IMG_4059
フィレンツェのPiazza della Repubblicaの一角にある1733年創業の老舗カフェ「Gilli」。
きっと夏なら観光客でいっぱいなんでしょうが、ほぼ貸切(笑)。

IMG_4055
ウェイターのサービスも素晴らしく、カフェラテもフルーツタルトも絶品でした。
行きかう人を眺めているだけでも楽しい時間でした。

 

IMG_4053

店内はさすが上品で、カウンターでエスプレッソを立ち飲みしているおじさま方がスマートでかっこよかったです。

立ち飲みと座って飲むのとでは、値段が違うんですね。知らなかった。

IMG_4058

広場で歌っているストリートミュージシャンも…フィレンツェではオペラでした。

しかも広場に響き渡る素晴らしい歌声で。

12.7. 2015 [ LIFE ]

フィレンツェ

すべてが美しいです。歴史って、こういうことね。

美しいものを 見る時間は大切だ。

IMG_3964.JPG

IMG_3955.JPG

IMG_3953.JPG

IMG_3978.JPG

12.4. 2015 [ LIFE ]

最大の目的

サンマルコ寺院にある、フラ・アンジェリコの「受胎告知」、これを見に来ました。

IMG_4007.JPG

7年前くらいに雑誌で見た、この壁画をいつか生で見たいと、ずっと切り抜きを持っていたんですが、来てみたら、なんで、ここに来るのに7年もかかったのか不思議でした。
どうして、人はいつか、いつかと先延ばしにするんでしょうね?いつかと思っているうちは、いつかは来ない。いつかは、自分が決めさえすれば、今すぐできてしまうんですよね…。もう、いつかとか言ってる年齢じゃないしね(笑)。